FX自動売買の利用の仕方

By: Dean Hochman

FX自動売買というのはあるロジックに沿って機械的にトレードを行っていく方法です。取り引きには自分で参加して決済も自分の意思で決定する裁量トレードというものや参加するサインなどが配信されてサインに沿って参加する方法などのやり方があります。後者の2つのやり方は人間が入り込む部分があるのですが、FX自動売買は全てそのシステムが参加から決済まで管理をしてくれます。

FX自動売買のやり方はそのシステムをパソコンなどに取り込まないといけません。方法としてはFXであれば取り引き会社をまず選択していくところから始まります。また個人でプログラムをつくっている場合もあるので、そういった人からダウンロードなどをして入手する場合もあります。FX自動売買で大事なのはどのプログラムを選択していくかということです。いろいろなロジックで判断していくのでプログラムによっては短期的に結果を出しやすいものや長期的展望に立たないとすぐには利益が出ないものがあります。

こういったことを判断していくのは各プログラムの成績を確認していく必要があります。FX会社が提供しているようなものは5年など長いスパンで成績を公表しているものがほとんどです。大事なことは相場が大きく動くような事があった場合でもトータルで見た場合にきちんと利益が出ているかどうかが、FX自動売買を選ぶ基準になってきます。

成績のいいプログラムはどのような相場変動でも一定のリズムで利益を積み上げてくれます。ただ一時的にはマイナスの利益になる事も相場に参加している場合はあるので、その際に相場から強制退場させられないように資金は十分に投入しておく事が必要です。またプログラムは逆張りや順張りなどのロジックに沿って機械的に判断して行きます。基本的にはトレンドに沿っている順張りの方がリスクが少ないですがリスク回避のために複数のプログラムを活用するとリスクヘッジにつながります。FX自動売買の始め方

中国のことで相場が大荒れ。市場対策を検討するみたい

By: Chi King

2016年に入って2日連続で人民元が切り下げられたのに、昨年の8月に同じことがあったし、きのうもあったので、ショックではありましたがめちゃくちゃな精神状態にならずに済みました。同じことを何度も経験していると、動揺が少なくなってくるものです。相場でも似たようなケースがあります。織り込み済みです。

良い材料も良くない材料も、繰り返されるたびに、市場参加者たちは織り込んで、最初のときよりも一方通行に進みにくくなってきます。悪い材料で下げても織り込み済みになると、反発を始めるのです。だから、調子に乗って突っ込むのは危険です。2日連続で切り下げられた人民元がもしも明日も切り下げられたり、もっと連続になったとしても徐々に動揺しなくなるのではと思います。だけど、リーマンショックの動揺はトレンドを発生させてしまい、別のケースでした。

人民元の切り下げは、中国の景気を下支えするために行われると聞きます。人民元を切り下げると、確かにクロス円はリスク回避になります。ニュースを読むと、切り下げたことで中国の景気が良くなれば地合いが一気に変わるから注意と書いてあります。現在13時42分。人民元の切り下げで82円後半まで下落した豪ドル円は83円前半まで戻してきています。83.30辺りまで戻ったのに、もう83.15。これはまた83円を割りそうな感じ。

そして今、ニュースをチェックすると、中国のことで大きく下落したので、どうにかしないと大変だということで、中国証券当局が緊急会合を行うみたいです。それで、市場対策を検討中。中国が何かしてくると市場はまた回復するのだろうけど、すぐにまた荒れそうな感じ。今は豪ドル円のチャートにいろいろとインディケーターを表示させて勉強しています。高値と安値に合わせてフィボナッチを引きました。今日初めてフィボナッチの表示のさせ方を知りました。インディケーターはごちゃごちゃするからという理由で遠ざかっていたので、かなりの収穫です。

新年から大きな動きの相場だがチャンスをつかめなくて気落ち

By: Mark Strozier

前日の欧州時間に欧州株が反発して始まったのにマイナス圏に沈んだことが嫌気されてクロス円はリスク回避になりました。それも私が布団の中で目を休めているときに起こっています。夕食を食べてパソコンを開くと高値から大きく姿を消した豪ドル円がいました。もしあの時見ていたら私は売っていたのかなぁ?と思うと悔しくなりました。新年になってから大きな動きの相場が続いて、その度に美味しいところを逃してしまって悔しいって思うことばかりです。

人間はやっぱり欲望の塊で、認めたくないけど私もそんな1人に入っているんだろうなぁ。荒れ相場で一瞬で1円動く相場とか、雇用統計で50PIPS一瞬で動く相場を見ると、値幅を計算して、もしもこの値幅が毎日とれたとすれば、とっくにお金持ちになってストレスフリーの生活を送っているんだろうなぁって思います。実際の私は10PIPS取るのも苦労するぐらいです。現実考えるとなんか嫌になってしまうことがありますが、絶対にFXで生活費を稼ぐ夢は諦めません。

チャンスを逃したとき、チャンスをつかめなかった自分はダメだ!なんて否定するほうに考えてしまうけど、それだと脳は疲れていくし、脳が疲れると眼精疲労につながると聞いたことがあります。そうなると集中して相場観察ができなくなってしまうから、何かいい考え方はないのか?考え方というより、そんなときってチャンスをつかめなかった自分に嫌気しながら多少のいら立ちも抱えている状態だからいったんスイッチを切ってあげることが大事。

脳を休める方法では、自然いっぱいの広い世界に飛び出すこと。甘いものを食べる。爆睡するぐらいよく眠る。お風呂に入る。ペットに甘える。ぐらいかなぁ?そして脳を休めた後、相場を見るかわりにトレードのブログを読んで猛勉強。いつかチャンスをつかむことが出来るんだ!と思いながらやると、希望が出来て頭がすっきりしてくる。私の場合はこんな方法が合うかもしれません。

スマホで自動売買が出来るFXのメリットと魅力

By: Prayitno / Thank you for (10 millions +) views

FXトレードというと一日中為替チャートをチェックしているというイメージもあり、忙しくてあまり時間が無いという方や、FX取引に参加する時間が無いという方にとっては敷居の高いものであると考えられる傾向があると思います。

しかし最近ではスマートフォンなどでも仕様が出来るFXトレード専用のアプリケーションも登場するようになってきておりますので、こうした自動売買が出来るアプリを活用することによって時間を上手に使用して取引を成立させることが可能になってくるのです。

FXトレード専用のアプリケーションでは通過売買の条件を事前に設定しておくことで、適切なタイミングでアプリが自動で取引をしてくれますので非常に大きなメリットになっているのです。また、為替のチェックに関してもアプリケーション上のシステムで管理することが出来るようになっておりますので、トレーダーの方が一日中為替の動きをチェックしていなくても取引が出来るという魅力を持っているのであります。

為替取引のジャンルというと専門的な知識が必要になるというイメージがありますが、FXに関してはサポート体制も充実する時代になっておりますし、初心者の方でも上手に取引が出来るようにシンプルなシステムが提供されるようになっておりますので、非常に利便性の高い投資ジャンルに成長してきていることが分かります。

為替取引にチャレンジしてみたいけれどあまり知識がなくて取り組めないでいるという方は、FXトレードに参加して為替の世界を体験してみるというのも良い方法であると思います。FXは基本的に取引を繰り返して経験を積んでいくことで実力をアップさせることが出来ますし、より多くの利益を追求することが可能になってきますので、まずは少額でも良いので実際にFXトレードに参加してみるということが非常に大切になってくると考えられます。

FXは投資ジャンルでも非常に参加しやすい環境になっておりますので、初心者の方でも安心して利用できるものであると思います。

FXにはスワップポイントが付くことをご存知でしょうか

By: Marco Papale

FXに興味がある人にとってはデイトレードなどをしてお金を稼ぐというイメージが強いのではないでしょうか。1日に何回も取引をして利益を出すのはかっこいいと感じる事でしょう。しかしそれだけがFXではありません。FXにはスワップポイントというものが付く事をご存知でしょうか?スワップポイントをうまく活用することで、毎日取引をしなくてもお金を稼ぎ出すことが可能になります。

スワップポイントというものは2国間の金利の差を利用して稼ぎ出すことが出来る手法です。金利が低い通貨を売って金利の高い通貨を買うことで得ることが出来ます。メジャー通貨の中でスワップポイントが高くて有名なのがオージー円やニュージー円になります。これらは先進国の通貨なので極端な為替変動もなく比較的長期で持つこともできます。仕込むときを間違えなければとてもお得な通貨になります。

スワップポイントを利用した取引に向いている人といえば、毎日せせこましく取引をしたくないという人が向いています。そして長期で通貨を持つ資金力や気長に待つことが出来る人も向いているでしょう。スワップポイントは毎日付きますが、レバレッジをかけなければ毎日の利益はそこまで大きくはありません。しかし長いこと持つことによって利益も積みあがっていくでしょう。さらにレバレッジをかける事によって利益が数倍になることもあります。長期で持つ必要があるのでレバレッジのかけすぎは決してよくないですが、自分の資金量に応じたレバレッジなら、てこの原理がうまく作用するでしょう。

正直なところ、めちゃくちゃ稼ぎたいという人にはあまり向いていない手法です。しかし自分の今もっている資産を少しでもリスクをとって増やしたいという人にはとても向いているでしょう。銀行に預けてもほとんど金利が付くことがありません。それなら外貨預金の感覚でFXに取り組んでみて、気長にスワップポイントが付くのを楽しみに待っているのもよいのではないでしょうか。

FXの取り組み方によって儲けられるかどうかが決まる

By: Mike Mozart

FXのことをどうとらえて取り組むのかは、非常に重要なことです。FXをしている人の中には暇つぶしで適当に取り組んでいる人もいるでしょうし、その反対にビジネスだと思って100%全力を注いでいる人もいると思います。また、中にはその中間くらいで趣味として楽しんでいる人もいます。

どういう取り組み方をするかはその人の自由なのでそれをとやかく言うつもりはありませんが、真剣に儲けたいと考えているならば、適当な気持ちで取り組んではいけないと思います。FXには、人を惹きつける魅力があり、どんな状態でもとにかく気になってしかたがないととらわれてしまうことがあります。それは、FXが自分の生活の一部に組み込まれてしまっているため、そこから抜け出せない状態といえます。

それだけのめり込んでいれば集中力も発揮されて勝ちやすいだろうと考えてしまうかもしれませんが、実際はそうそう上手くいきません。判断力が鈍った状態で相場に手を出せばそのトレードは失敗する可能性のほうがずっと高いですし、そこまでFXにとらわれている状態だと上手く勝ち運の波に乗ることは難しいです。それは、ただ単にFXと関わってさえいれば満足な状態ですから、それは儲けるための取り組み方とはいえないのです。

儲けるためにはFXに取り組むにしても、その1つ1つの行動を律していかなければなりません。1つの軽率な行動が余計な損失を生み出してしまうかもしれませんので、そうならないようにしっかりと気を引き締めなければならないのです。

FXで簡単に儲けが出せるなら誰も努力なんてしませんが、そんなことにはならないです。ですので、自分が納得できるくらいにしっかりと儲けるための準備をし、全体的に黒字を目指すにはどうすれば良いのかを、細部まで詰めていく必要があります。そこまでやり切った結果ならば満足することができますし、逆に言えばそこまでやらないと儲けることは厳しいのではないかと思います。”